諦めかけていた恋

私は、数年前とても好きな人がいました。

当時その人とは、ネットゲームで知り合ったのですが、携帯の電話番号を交換して、それから友達を交えて会うようになりました。最初は、友達として彼の事を見ていたのですが、遊ぶ回数が増えるたびに、いつしか恋愛感情が芽生えてきていました。

けれど彼には、どうしても忘れる事が出来ない彼女の存在がありました。その彼女の話を私もよく聞いていたし、応援もしていました。いつの頃からか、その話を聞くのが辛くなり、自分自身が彼の事が好きになっている事に気付いたのです。

恋愛感情が芽生えてから、少し彼を避けるようになりました。そんな私の変化に彼が気が付いて、私に連絡をしてきたのですが、思い切って自分の気持ちを伝える事にしました。

彼と色々な話をする中で、私の様子が最近変だったというのがなぜか理由がやっと分かった。気持ちはとても嬉しいと。そして彼から「付き合おう」と言ってくれたのです。私は、何が何だかわからない状態でした。願ってもない発言でしたから、ビックリして同情なのか?そんなことを思うくらいでした。

「前の彼女の頃が忘れられないと思っていたけど、お前と会っていて、その笑顔に癒されていた。お前の様子が最近変で、それが気になって。なんだか、会えなくなる気がして。それが怖くて。いなくなったらどうしようって思ったんだ。俺、お前が好きだって気が付いたんだ。次に会ったときに、告白しようと思ってて、でもなんだか急に遊べないってばっかり言うから。」

という事でした。彼から「今日からは俺の彼女になっ欲しい。だから、ずっと俺の側にいろ」と抱き締められました。

諦めかけていた恋が、思いがけない方向へ行きました。彼の申し出は勿論、OKして彼と付き合う事になりました。

コメントを残す