恋人からのプレゼント

011211

011211異性と買い物に行くのが嫌いな私は、恋人に対してもそれは同じでした。

買い物といってもスーパーへ買い出しに行ったり、ちょっと本屋に立ち寄るくらいなら良いのですが、服や靴を一緒に選ぶ買い物はこれといった訳もなく恥ずかしくて、とても出来ませんでした。

と言っても、恋人の買い物に付き合うくらいなら、かろうじて出来ていました。

私がレディースのショップに立ち寄ろうとしないことを気にかけた恋人が、それとなく声を掛けてくれていたのですが「この前買ったばかりだから」などとウソぶき、店の前を早足で立ち去ったものでした(面倒臭いやつ)。

そんな具合ですから、恋人も私の好みの店を知らないのは当然の話で、プレゼント選びには苦労をかけてしまったと思います。恋人は私の普段身につけているものを観察して、勘とセンスを頼りに選んでいてくれていました。

恋人のチョイスにはどれもハズレはなく、実は密かにそれを楽しみにしていた節もあります。私の好みが、はっきりしていて分かりやすかったからかもしれませんが。

コメントを残す